© 2019 MiCAN Technologies Inc.

Kita-kan, 1-36 Goryo-ohara, Nishikyo-ku, Kyoto 615-8245 Japan

​〒615-8245 京都市西京区御陵大原1-36 北館

usa-icon.png
japan-icon.png

OUR PRODUCT

医薬品の研究・開発には

充分な量の研究用血液の

​入手が不可欠です。

ABOUT OUR PRODUCT

Mpv

マラリア研究用幼若赤血球様細胞

赤血球前駆細胞

マラリア研究用に改変した

​赤血球前駆細胞

マラリア研究に適した

赤血球様細胞

Mpv 細胞キット

 京都大学・長崎大学と共同研究開発

M02

デング熱など感染症・免疫研究用

​ミエロイド系細胞

白血球前駆細胞

ミエロイド系

​前駆細胞

デング熱等の

感染症および、

血液疾患研究に適した

​ミエロイド系細胞

M02 細胞キット

 熊本大学・大阪大学と共同研究開発

 2019年よりパイロット製品の提供を開始

OUR PRODUCT VALUE

OUR TECHNOLOGY

mican-site190422_gene-editing-technology

遺伝子編集技術

当社の遺伝子編集技術により前駆細胞の遺伝子改変を実現することができます。

(ご要望により様々な遺伝子編集が可能です)

分化誘導技術

当社製品は均一性が高く、​創薬の研究・開発に適しています。

一貫生産技術

3年間に渡って生産効率を改善し、評価のために必要な十分量の血球を手頃な価格で提供できるようになりました。

IN THE PIPELINE

 試作製品リリースの翌年には、本作製品の販売を開始する予定です。

 感染症治療薬やワクチンの開発を計画しています。

高い均一性

 

細胞の異なる分化段階を

コントロールすることで、

医薬品開発にとって最適な均一性の高い

細胞を作製することに成功。

安定供給

最先端再生医療技術を用いて作製した

高品質な研究用細胞を

季節に左右されることなく、

いつでも十分量ご提供いたします。

低価格

 

​研究用に使われる

従来のヒト血液/血球と比較すると、

当社の製品ははるかに

手頃な価格かつ高品質です。

 

配送方法

製品をフラスコに充填し、保温容器(37°C)に梱包し、配送します。

迅速にお届けします

当社(京都)から国内であれば翌日配達可能です。( 近畿圏であれば、直接お届けさせていただくこともできます。 海外も対応でき、タイ・バンコクへは翌日配達が可能です。)

到着後の細胞生存率は90%以上であり、多くの細胞が数日間生存していることを確認しています。

海外への輸送事例

京都の研究室からMpv細胞製品を13:20に出荷した場合、翌日の13:15にバンコク空港に到着しました。(時差があるため、約25時間)

※ ただし、交通状況や飛行状況によって異なる場合がございます。

Why

​Needed?

医薬品の研究開発には充分な量の研究用血液が不可欠ですが、入手は困難です。

マラリアなど感染症を取り巻く現状:

  • 海外では、新興国を中心に全世界で2億人(マラリア)が罹患。

  • 薬剤耐性の観点からも新薬・ワクチンの開発が必要。

研究における現状:

  • 感染症によっては、特殊な血球を必要とするが入手は困難。

  • 季節や地域要因が多く、ウィルス・原虫などの入手も困難。

熱帯諸国における種々の感染症撲滅のための挑戦:

  • マラリア・エボラ、ジカ、デングなどの感染症研究発展への挑戦。

  • これらの感染症はWHO ・UN ・民間資金による経済支援を受ける重要疾患。

  • 罹患人口が医薬品を普及できる閾値近くまで到達。