products01_sp.png

Mylc細胞

Mylc細胞とは?

Mylc細胞(Myeloid lineage cell)は血液およびiPS細胞から分化誘導したミエロイド系細胞です。
Mylc細胞には大きく3つ特徴があります。
1.他の細胞に比べて刺激に対する反応性が高い。
2.同一の遺伝子情報を持ち均質であること。
3.大量、安定的な生産と供給が可能なこと。

3つの特徴から、均質で高精度な結果を必要とする
実験や研究に適しています。

Mylc細胞の分化誘導および作成

血液中の末梢血単核細胞(PBMC)から分化誘導したMylc細胞はaMylcと言い、
下記の様に誘導します。

iPS細胞から分化誘導したしたMylc細胞はiMylcと言い、下記の様に誘導します。

◇ 血球細胞の分化段階(状態)と製品

products02_sp.png

iMylc細胞にACE2とTMPRSS2を発現させた細胞をcMylcと言い、
下記の様に作成します。cMylcはウィルスに対する易感染性の高い細胞です。
抗体依存性感染増強(ADE)評価キットのMylc細胞はcMylcです。

aMylcとiMylcの違い

血液から誘導されるaMylcはiMylcに比べて生体に近い特性、反応を持つ細胞です。
一方iPS細胞から誘導されるiMylcはaMylcに比べて均質で標準化した遺伝子背景を持つ細胞です。
実験や、研究によって選択が必要です。
aMylcとiMylcは各種サイトカインによって反応性が異なり、最適な選択ができます。
細胞の選択に関しては一度ご相談頂けますようお願い致します。

 

​Mylc細胞の使用用途

Mylc細胞は他の細胞に比べて刺激に対する反応性が高いです。
また、Toll様受容体やC型レクチン受容体など様々な受容体が発現しています。
受容体に対してのリガンドが結合すると各種サイトカインやCD分子を産生します。
この細胞の能力を利用して、より高感度に化学物質、ウィルス、細菌、生物由来物質などの存在を確認したり、開発した薬剤が免疫機構を動かさないことを確認したり、
免疫に関する様々な実験、研究に使用することができます。

Mylc細胞には貪食能があるため、対象の物質や液体が貪食対象となるか確認実験、
試験も可能です。
​実施した貪食試験の参考例を動画でご紹介します。

カタログナンバー

cMylc細胞はAEDキットのみでの販売とさせて頂いております。
​細胞単品でご購入頂きたい場合はお問い合わせください。