products01

Mpv細胞

Mpv細胞とは?

Mpv細胞はマラリアの病原体の一つである三日熱マラリア原虫研究のために開発されました。マラリア原虫赤血球に分化する前の「網状赤血球」にしか感染しないため、研究対象の「網状赤血球」をマラリア感染者から採血する必要があり、安定して入手することが困難な状況です。MiCAN Techenologiesは、研究に必要な未分化細胞を大量に培養することが可能であり、安定して血球細胞を供給することで、マラリア研究の推進に貢献します。

products08-01.png

赤血球系血球

Mpv[エムピーブイ]

マラリアの研究に必要な「幼若赤血球」(赤血球に変化する直前の血球)は、血液中に非常に少なく、入手の困難さ が研究を阻んできました。再生医療技術により生まれた、研究に最適な状態の幼若赤血球が、マラリア研究を大きく推進します。

products08-02.png

マラリアは赤血球ができる前の特殊なステージの幼若赤血球にしか感染しません。感染実験に使用するこのような血液細胞は、 従来の提供血液では非常に困難でしたが、 MPVは純粋な赤血球細胞のみで、 マラリアの感染も容易であることが確認されています。